KEIKOさん、くも膜下出血で手術

音楽プロデューサー、小室哲哉さん(52)の妻で歌手のKEIKOさん(39)が、くも膜下出血と診断されて手術を受けたことが分かった。

くも膜下出血って、ハンマーで殴られたような痛みが走るとは聞いたことがありますが、無事手術も成功して、KEIKOさんは回復に向かっているようです。

最近は、スポーツ界や芸能界でも、若くして大病にかかる人が少なくないようですが、これも生活習慣が変わったからなんでしょうかね。

早くKEIKOさんが復帰して、またあの元気なハイトーンの声を聞かせて欲しいですね。


posted by NEWS43 at 23:04 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。